ドッグフード モグワン ナチュロル

モグワンとナチュロルはどちらもおすすめ

モグワンとナチュロル、どっちがいいの?

わんちゃんの体に異常がないなら、環境やドッ

わんちゃんの体に異常がないなら、環境やドッグフードの問題かもしれません。生活環境に関しては、それぞれのご家庭、犬の性格に合わせて、色々な取り組み方があります。


人間との関係改善、住環境の整備および食事の時間をしっかりと決めることが基本です。個体ごとに合うドッグフードと合わないドッグフードがあるため、犬にあわせたドッグフードを選ぶ必要があります。
ドッグフードは消化のよいものを選びます。

質の良い原材料を使い、胃腸、皮膚、アレルギーなどに配慮したフードは消化によいことが多いので、そのジャンルから愛犬に合ったものを選ぶと良いと思います。



フードの合う、合わないは食いつきがよいかに加えて、毛並みの良し悪しや便の状態も確認して判断しましょう。
あるドッグフードを食べると、肌がただれて毛が抜け落ちてしまう。これは化学合成添加物などが原因の可能性があります。犬にも人間にも毒性に強いものと弱いものがいます。

弱い犬は、たった少しの添加物にも度を超えて反応します。
もし、あなたの犬がアレルギーなら、まずは手造りのご飯をあげてみて下さい。


色々なメーカー出す低アレルギー食ドッグフードを取捨選択するよりも、それが一番確実です。それでもアレルギーが良くならない場合、疑わしい食材を一つずつ抜いてご飯を造り、アレルギー源を特定して下さい。
自分で作った料理ならば、何が入っているかは簡単にわかるはずです。
手造り食は面倒臭いと思うかもしれませんが、数ある低アレルギードッグフードから良いものを見つけたり、病院に通い続けることを考えると、そうでもないはずです。なにより信用できるのは、自分でアレルギー源を突き止めることです。動物性のタンパク質を取らないといけません。犬は本来人間と同じものが食べられます。体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。
犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。


犬は人よりも多くの種類、多くの量の必須アミノ酸をタンパク質から摂取する必要があります。


ここで、大切なものはタンパク質の中でも肉みたいな動物性タンパク質が必要になります。
植物性タンパク質では犬の必須アミノ酸を全てまかなうことができません。また、犬の消化器官は植物性タンパク質の分解を苦手としています。ドッグフードは安価で低品質な穀物でタンパク質のかさを増やしているものが多く見られます。
しかし、ドッグフードのパッケージには、簡単に粗タンパクとしか書かれていないから、必須アミノ酸の量が分かりません。

ページの先頭へ