ドッグフード モグワン ナチュロル

モグワンとナチュロルはどちらもおすすめ

モグワンとナチュロル、どっちがいいの?

ドッグフードを選ぶときには、肉と穀物、どちらが

ドッグフードを選ぶときには、肉と穀物、どちらが中心のものが良いのでしょうか。しかし、わんちゃんは穀物や炭水化を消化しようとすると負担がかかってしまいますまた、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質は必要不可欠だが、犬・猫は炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)を全く必要としないようである」と発表しています。


その他の専門機関でも、犬にとって穀物(炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります))が悪いというよりは、取っ立ところで健康への影響はない、と考えられる傾向にあります。特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。

それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かというと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。良質のたんぱく質なら他の原材料がありますし、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。家族である証として、毎日犬が食べるドッグフードは良質のものにしましょう、と提言されると、まるで市販のドッグフードには良い物がないという印象をもちませんか?細かく成分内容をみると、余計に心配になり沿うです。
家族の一員だからこそ、人間の食事に比べて低質に感じることもあるでしょう。沿うすると、購入できるドッグフードがない!という極論に行きついてしまいがちですが、原材料に保存料や添加物の不使用に拘るのなら、食事は生肉になってしまいます。
まずは、家族として犬を注意深く見てください。


まずは健康を第一に考えて、わんちゃんの体質に合ったドッグフードを選ぶべきです。
ざっくりとドッグフードを種別分けし、合う内容のもののみをさらに細かく見ていくようにして、本当に犬にとって良いドッグフードを見極めることが大切です。ドッグフードとして肉と炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)、どちらを多くふくむべきか意見が分かれるところです。しかし、犬の健康を考えると、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)も「犬・猫の構造上、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)は不要であり、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)については犬・猫は必要ない」と発言しました。
また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)の摂取が犬猫の体に悪いというのではなく、与えなくても大丈夫、という意見が多く見うけられます。犬にとって必要不可欠な成分ではないので、市販のドッグフードにも「炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)」を強調しているものは見当たりません。


それにもか換らず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。どういうことかというと、単純に原価を下げるためです。
穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、必要のない炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)が多く含まれているドッグフードよりも、肉が主体のものを選ぶべきです。

ページの先頭へ