ドッグフード モグワン ナチュロル

モグワンとナチュロルはどちらもおすすめ

モグワンとナチュロル、どっちがいいの?

犬のからだではなく、飼い方や食べ物に問題が潜ん

犬のからだではなく、飼い方や食べ物に問題が潜んでいることもあります。

犬の性格、飼育環境によって生活環境の改善方法は異なるのです。
最も大事なのは飼い主とよい関係を築くこととハウスなどくつろげる場所を準備すること、食事の時間を考え直します。他の犬に合うドッグフードが自分の犬にも合うとは限らず、犬にあわせたドッグフードを選ぶ必要があります。一般に、ドッグフードは消化性の高いものがいいとされています。厳選した材料を使用し、アレルギー等犬の健康に配慮したフードは消化にもよいことが多いため、そのジャンルから愛犬に合ったものを選ぶと良いと思います。
フードを試す時は、犬の好みだけでなく、毛並みや便などの体調を見てあげることが大事です。

あるドッグフードを食べると、その犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。
このようなことが起こる要因として、化学合成添加物の含有などがあります。



犬にも人間と同様に毒性に強いものも弱いものもいます。


弱いものはほんの少量の添加物にも過剰に反応します。

もし、アレルギーの犬がいたら、まず手つくりで犬のご飯を作ってみて頂戴。
各種のメーカー出す低アレルギー食ドッグフードを取捨選択するよりも、それが一番確実です。それでもアレルギーが良くならない場合、疑わしい食材を一つずつ抜いてご飯をつくり、アレルギー源を特定して頂戴。
自分で作った料理に何が入っているかは作った本人が一番わかります。

ドッグフードの手つくりは時間も手間もかかりますが、数ある程アレルギードッグフードから犬にあったものを捜し出し、病院にも通いつづけるのも大変です。

なによりも、自分でアレルギー源を特定する方が、確実で信用できます。毎日ドッグフードを使っているケースでよく覚えておいた方がいいところは、「いろいろな栄養が入っている食べ物かどうか」「ペットフード公正取引協議会の規格を合格しているかどうか」「体調に見合ったドッグフードを食べさせる」の3つのポイントがあります。ドッグフードは与えるわけ別に、栄養補給に欠かせないもの、食べたがるもの、水分補給のものがあります。総合栄養食があれば、一般的に犬の栄養がしっかり摂れて、あと必要なのは水分だけです。端的に言えば、これさえ食べさせておけばOKです。
お菓子をあげる場合もあり、また、総合栄養食に加える食べ物もあり、動物病院の療法食を与える時もあります(大体の療法食が総合栄養食になっています)。



だから、お菓子とか、それ以外のわけによる食品とかだけでは、栄養が不足してしまうから、基本の食事にならないのです。ドッグフードを探す場面では一番目に「総合栄養食」と明記されたものを見つけて頂戴。

ページの先頭へ