ドッグフード モグワン ナチュロル

モグワンとナチュロルはどちらもおすすめ

モグワンとナチュロル、どっちがいいの?

動物性のタンパク質を取ることがカギにな

動物性のタンパク質を取ることがカギになります。



犬は基本的に人と殆ど同じものを食べられます。しかし、栄養バランスは人と全くちがいます。

犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。
犬は人よりも多くの種類、多くの量の必須アミノ酸をタンパク質から摂取する必要があります。

ここで、大事なものはタンパク質の中でも肉のような動物性タンパク質が必要になります。

植物性タンパク質では犬の必須アミノ酸をすべてまかなうことができません。犬には植物性のタンパク質を分解する十分な機能があまり備わっていません。
ドッグフードは安く買えるし、タンパク質の量も増やされたりしながら調整しています。
しかし、ドッグフードの成分表には、細かく成分が書かれていないから、必須アミノ酸がしっかり配合されているか分かりません。

犬の健康を考え立ときに、肉派と穀物派に分かれるのではないでしょうか。しかし、炭水化物を取っ立としても、犬はあまり消化ができません。

また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質は必要不可欠だが、炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。

同じように専門家の多数も、犬は炭水化物で体調を悪くする訳ではないが、取っ立ところで健康への影響はない、と考えられる傾向にあります。


犬にとって必要不可欠な成分ではないので、市販のドッグフードにも「炭水化物」を強調しているものは見当たりません。

その様などちらでもいい成分が多く含まれる穀物がなぜドッグフードで多量に含まれているかというと、穀物を入れた方が安くなるからです。そもそも穀物から良質のたんぱく質の摂取は期待できませんし、炭水化物が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。

いつもドッグフードを食べさせている場合、絶対確認すべき項目は、「必要な栄養が適量配合されたものかどうか」「ペットフード公正取引協議会の基準に合っているかどうか」「発育状況にマッチしたドッグフードを出す」の3つの重点があります。ドッグフードは、栄養バランスがとれた食事、気分転換に食べる物、不足した栄養を補うものに分別できます。総合栄養食があれば、一般的に犬の栄養がしっかり摂れて、アト必要なのは水分だけです。



即ち、毎日与えて問題がない食べ物です。
間食は大体お菓子に使用され、他にも理由によって食べ物があり、動物病院の療法食を与える時もあります(大体の療法食が総合栄養食になっています)。つまり、間食やその他の目的食はそのフード単独では犬の栄養を満たすことができないため、基本の食事にならないのです。



ドッグフードを買う際にはまず始めに「総合栄養食」と書いてあるかチェックしてみてください。

ページの先頭へ