ドッグフード モグワン ナチュロル

モグワンとナチュロルはどちらもおすすめ

モグワンとナチュロル、どっちがいいの?

犬のドッグフード選びは家族として

犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されるとまるで市販のドッグフードには良い物がないといった印象を持ちませんか?含まれている成分表示を見てもピンとこないかもしれません。
家族の一員だからこそ、人間の食事に比べて低質に感じることもあるでしょう。では、いったいどんなドッグフードを選べば良いのか、疑問に思うかもしれませんが、保存料や添加物のないドッグフードを選ぶとなると、極論を言えば「生肉を与える」方法しかなくなります。

それよりも、きちんと犬の状態を確認し、ドッグフードといっても、年齢や種別、体調、大型犬か小型犬かによってベストなドッグフードは異なります。そして、条件にマッチしたドッグフードをいくつか選んだら、さらにその中で細かく成分などを見比べて、本当に犬にとって良いドッグフードを見極めることが大切です。犬のエサとして肉と穀物、どちらがいいか見解が分かれます。
しかし、炭水化物を取っ立としても、犬はあまり消化が出来ないのです。


また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「しっかりとタンパク質を摂取することにより、炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨している訳ではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、といった見解が一般的です。

犬にとって必要不可欠な成分ではないので、市販のドッグフードにも「炭水化物」を強調しているものは見当たりません。



その様などちらでもいい成分が多く含まれる穀物がなぜドッグフードで多量に含まれているかといったと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。



良質のたんぱく質なら他の原材料があるといわれているのですし、炭水化物が不要といったならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。
犬のエサとして肉と穀物、どちらがいいか見解が分かれます。
しかし、現実問題として、犬は穀類や炭水化物の消化は得意ではありません。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)も「犬・猫の構造上、炭水化物は不要であり、炭水化物は不必要である」と述べています。また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物の摂取が犬猫の体に悪いといったのではなく、取らなかっ立ところで何もおこらないと言っています。
どちらでも良い成分なので、ドッグフードの成分表示に「炭水化物」は掲さいされていません。
それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かといったと、単純に原価を下げるためです。穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、炭水化物が不要といったならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。


ページの先頭へ