現代病とも言われるスマホ老眼の予防と対策

スマホの使い過ぎから目を守るコツ

目の疲れは放置すると危険。

最近、会社や学校で朝から疲れた顔をしている人が多くなっています。
あなたも周りから指摘されたことありませんか?

その原因はスマホの見過ぎかもしれません。

通勤通学の電車の中でスマホの画面ばかり見てばかりいないですか?
友達とLINEしたりスマホゲームで遊んだり。

スマホの小さな画面を目の前で見続ける行為は、思っている以上に目を疲労させてしまいます。
そして体は疲れていなくても、目の疲れが顔に出てしまっているのかもしれません。

もしそんな状態が長く続けば、スマホ老眼になってしまう危険があります。

スマホ老眼とは
老眼とは近いところが見えにくくなるなどの症状で、本来は40歳前後から始まる目に起こる老化現象の1つです。しかし最近では、老眼と同じような症状が子供や30代の若い人の間でも増えつつあり、その原因が主に長時間のスマホ使用であることからスマホ老眼と呼ばれています。

いちど老眼になってしまうと回復させるのは簡単ではありません。

専門の視力回復トレーニングは高価であることや長く続けなければならないなどハードルが高く、現実的には対処することなく放置してしまう人がほとんどです。

加齢による老眼ならまだ諦めもつきますが、20代や30代で老眼なんて嫌ですよね?

老眼の不便さや辛さは実際になってみないと分からないかもしれません。
でも、なってからでは遅いのです。

すぐに実践できる!スマホ老眼を予防する3つの方法

ただ、知っておいて欲しいのは、回復させるのは難しくても老眼を予防することは簡単だということです。

そこで、すぐに実践できるスマホ老眼予防に効果的な方法を3つご紹介しましょう。

スマホによる眼精疲労を軽減する

極論ですが、スマホを使わなければスマホ老眼には絶対になりません!(もちろん普通の老眼になる可能性はあります)

でも現実的にそれは難しいですから、少しでも眼精疲労を軽減するスマホの使い方を意識しましょう。

具体的には、

①1時間に10分は休憩し、長時間スマホを見続けない

②スマホを顔から30cm以上、離して見る

③意識的にまばたきを増やし、時々遠くを見る

④スマホの画面を少し暗めに設定する

などが挙げられます。

子供の頃にテレビゲームばかりやっていた人は親から①をしつこく言われていませんでしたか?(私は言われていました)

②についてはスマホ特有ですね。とくに、女性の方に多いですが画面の小さいスマホを使っていると顔を近づけて見てしまう傾向があります。

そういった場合は文字のフォントを大きくする、可能なら画面の大きなスマホに買い換えるのも良いでしょう。

目のストレッチで疲労をとる

目のストレッチをすることで目の周囲にある筋肉が活性化し、疲労回復や老眼予防の効果が期待できます。

簡単なストレッチをご紹介しますので、目の疲れを感じたときなどに実践してみてください。

  1. 目をしっかり閉じてから、両目を大きくパッと見開きます。
  2. 顔は正面を向けたまま、両目で左を見ます。
  3. 同じく両目で右を見ます。
  4. 同じく両目で上を見ます
  5. 最後に両目で下を見ます。

1から5を2~3回繰り返してください。見る方向に目を大きく動かすのがポイントです。

応用として目を動かす方向の順番を変えたり、左斜め上、左斜め下、右斜め上、右斜め下なども織り交ぜて行うとより効果的です。

このように目の老化や老眼予防のためのストレッチをできるだけ継続して行い、血流をスムーズにしつつ、なめらかな目の動きをいつまでも保ち続けていきたいですね。

サプリメントで目に栄養補給

目に良いといわれる栄養素をしっかり摂ることも非常に大事です。

視力の維持や目の健康を保つのに良いとされる栄養素として、

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • アスタキサンチン

などが挙げられます。

ただ、これらの栄養素は一般の食べ物にあまり含まれていませんので、サプリメントで摂取するのが手軽で効果的です。

なかでもファンケルから新しく発売された「スマホえんきん」は、発売1年で310万個売れた「えんきん」がスマホ労眼対策用にリニューアルされたサプリメントです。

こういったサプリメントで目の疲労感を緩和させることで、老眼の予防に繋がるとともに周りから顔が疲れてると言われることがなくなるかもしれません。

 

更新日:

Copyright© スマホの使い過ぎから目を守るコツ , 2017 AllRights Reserved.